太陽光発電はお得!
メリット・デメリット

太陽光発電が注目されている理由

最近では、エコブームと呼ばれるほど様々なエコアイテムや設備が登場しており、その中でも太陽光発電が注目を集めています。実際に気をつけて見ているとソーラーパネルを付けている小学校や中学校を多く見かけます。

なぜここまで太陽光発電が注目集めているのかと言うと、メリットが多く存在するからです。まずはなんと言っても経済的に良いことが挙げられます。 太陽から電気を作るわけですからお金がかかりません。節電が重要視されている現在の社会には最も適していますし、自然につくられる電気ですから環境にも良いとされています。二酸化炭素を出さずにつくられる太陽光発電は綺麗な空気を作るために必要なんです。

また、災害時時にもこの太陽光発電は大きく役に立ってくれます。災害が起きると電気が止まってしまう事が多いのですが、電気が止まるという事はライフラインがストップするのと同じです。しかし、太陽光発電があれば自家発電をする事ができるので、災害時で電気が止まっても電気を使う事が可能になります。 この様に今後も益々活用される太陽光発電の導入を検討してみてはいかがでしょう?

太陽光発電に必要な設備

日本の日差しについては、1990年代に比べると、はるかに強いものとなっています。この強い日差しを太陽光エネルギーとして電気に作り変えることを、太陽光発電システムと言います。 この太陽光エネルギーを電気に変換するのがモジュールで、屋根などの上に設置されている太陽光パネルのことを指します。

現在、実用化が大変進んでいるのが住宅用太陽光システムです。太陽光がモジュールに当たると、電池の元となり、接続箱という場所に集約されます。 この中の電力は直流という種類で、これを一般の電力会社から送られてきている電気と同じにするためにはパワーコンディショナーにおいて、交流にする必要があるのです。

太陽光発電システムからできた電気は、住宅の中でこれらの設備により混ぜ合わせて使われるようになります。 生産した電気は、外部モニターで、逐次見ることもできます。 また、太陽光発電からできた電気を優先的に使い余らせることができたなら、電力会社に売ることもできます。この時には、売電用蓄積電力計などの設備が必要です。

太陽光発電の魅力

私は今年の春先にマイホームを建てました。家を建てるときに私が重要に考えたのが、2年前にあった災害での原発事故の現状です。今でもまだ復興に時間がかかっている状態で、同じ日本人として毎日心苦しいです。

それで私は出来るだけ環境にやさしくて、エコな家を建てることにしました。私の周りでも災害があってからは、エネルギーに対する考え方が変わり、未来に向けてのエネルギーに凄く関心も持ちました。その初めの一歩が太陽光発電です。

災害以来、太陽光発電は物凄く注目が集まっていて、その理由としては太陽光発電で作られた電気は、自宅で使うことが出来るので家で使う電気代を節約することが出来ます。さらに発電し余った余剰の電気は、1kwあたり38円で電力会社に売ることも出来ます。

発電した余剰電気は家庭で使うのもいいのですが、電気会社に売ったほうがお得なので昼間の電気をよく使う時間帯は電気を出来るだけ使用しない方がいいので、節電効果も出てきます。次は太陽光というクリーンなエネルギーを活用しているので地球環境負荷の軽減です。

従来の発電方法だと限りある資源を消費して電力を作り、二酸化炭素や使用済み核燃料といった地球環境にとって有害な物質を排出していました。太陽光発電は、太陽光エネルギーを電力に変える為に、エネルギー源として資源を消費せずに、副産物を排出しないのも魅力です。後は電力会社に何か事故があっても、自立運転に切り替えれば緊急時に必要な電気を確保する事が出来るのは最大の魅力です。

© 2013 太陽光発電はお得!メリット・デメリット All Rights Reserved.